マジックバイオくん導入実例@

ご家庭で出る生ごみ。核家族化が進んで少人数になっても、やはり、料理をすると結構な量の生ごみが出ますよね。この生ごみを有効に利用する方法はないかと考えたこともあると思います。近年では、ほとんどの自治体がゴミを有料化にしています。生ごみ処理機なども各社から出されていますが、やはり手間や時間がかかったり、一度に多くの生ごみを処理できない場合があります。生ごみを効率よく処理するために、生ごみを家庭菜園などで肥料として使っている、というお宅も多くおられると思いますが、一般的に生ごみは「廃棄」という道を辿ります。

近年、自治体単位で生ごみを廃棄する方向から再利用する方向へと考えるようになりました。このような現代において、安全に、そして迅速に生ごみを処理することができる、マジックバイオくんは欠かすことのできない存在になっています。

そこで活躍しているのがマジックバイオくんです。このマジックバイオくんですが、50kgもの大量の生ごみを数時間で処理してしまいます。投入可能な生ごみは、肉や野菜などはもちろん、食べ残しの油物、ご飯、魚の骨や貝殻までをも処理してしまいます。使われているバイオ資材は「バイオテック・ユーノサ」と呼ばれるもので、特許も取得しています。

操作は簡単、生ごみを投入してスイッチをいれるだけ。あとはマジックバイオくんが自動ですべての工程を数時間でこなし生ごみを処理してくれます。生ごみは捨てる時代から再利用する時代に変わってきています。

導入実績も確かなものがあり、自治体のみならず、病院、食品工場、社員食堂、福祉施設、学校など数多くの実績があります。マジックバイオくんなら、このような施設においても、その能力を存分に発揮することができます。特許取得済みの有機分解資材「バイオテック・ユーノサ」で、一度に大量の生ごみを10%程度までに減容します。しかも、操作は簡単でメンテナンスも1ヶ月に1度で済むという手軽さ。

これからの生ごみ処理はマジックバイオくんにおまかせです。

生ごみの処理機もさまざまなものがありますが、「マジックバイオくん」なら、一度に大量のゴミを処理することができます。しかも、一般的な家庭用の生ごみ処理機では処理できない貝殻や魚の骨なども処理できるのです。

現在、神奈川県平塚市のめぐみが丘では、実際にマジックバイオくんを導入して、各家庭で出される生ごみを処理し、残さを家庭農園で堆肥として使うというリサイクルループを実現しています。

リンク集